So-net無料ブログ作成

弥勒菩薩像  感動  落涙 [仏教]

初めて実物の弥勒菩薩像を見たのは、

今から20年ほど前、京都の北東にある広隆寺でした.

思わずふれたくなる、ぬくもりにあふれる優美な姿形にうっとりしたことを覚えています.

その昔京都大学の学生が、あまりの美しさに指に触れ、損傷させたことが思い出されました。




更に驚いたことには、お年を召された女性が、像の前で座り込んでいるのです.




弥勒菩薩像.JPG




固まっているというか、

全然動かないので、

よく観察すると目から涙が頬を伝わっているのでした.

これほど、美しい圧倒的な存在に感動しているのでした・・・・・・.

美しいものを説明するのに、言葉は、文章は不要なのです。

私も、ホントに見とれて、少なからず感動してしまいました.

人間とは、ホントに美しいものに接すると、感動し動けなくなるものだと思いました.




この弥勒菩薩像(⇓)は、たくさんのお客様のご要望にお応えし、 満を持しての登場です.

木彫の質感を持たせるよう、特別な造形と彩色の方法を採用しています.

原型に細かい筋彫りを入れて木目を表現しています.

このため素材はポリストーンを使用しています.

石の重量感と繊細な表現力を併せ持ち、顔料の箔ののりもよい究極の素材です.

小さなサイズのため、この木目の彫刻は困難を極めましたが、

あたたかな木肌の表現に成功し、納得の仕上がりとなりました.

また、グラデーションを多用した彩色によって木材の経年変化を表現.

美しい微笑みと指先のやわらかな曲線を、 完全に再現しました.





皆さん、この弥勒菩薩像が国宝第一号であることをご存知でした?

日本人の誇る芸術品でもあります.

現在、わが家に仏壇がありませんが、

仏壇を設けたときは早速購入しようと考えています.




送料はもちろん無料です.




⇓弥勒菩薩像1はコチラ⇓.



⇓弥勒菩薩像2はコチラから⇓

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。