So-net無料ブログ作成
スーツケース ブログトップ

神の領域の軽量化(ダイエット)に成功した大型スーツケースに人気沸騰の具体的理由とは! [スーツケース]

もしも,体重60kgの男性が約33%の減量に成功し40kgになったとしたら,
神の領域のダイエットだというでしょう。


このサンコーの技術者は軽量化技術を駆使し,
スーツケースで神の領域の減量に成功したのです。
なぜなら,同容量のスーツケースは6.2kgであるのに対し,
このスーツケースはわずか4.2kgしかないのです。
実に約33%の軽量化率です。


具体的のどうして成功したの。

大きくそのネタは3分類されます。


●マグネシウムフレームとポリカーボネイト樹脂との組み合わせ構造体


一つ目は,地球上で最高に軽くまた剛いといわれるマグネシウム金属をフレーム材(骨格材)に使い
,骨格をカバーする皮材として特殊ポリカーボネイト樹脂を使用したことでしょう。

軽量化の戦略を考えるに適切な材料選択をしたこと。



●球面構造体とエンボス加工構造体


それと同時に,平板になると構造体として剛性が減少するので,角部を球面体
(正確には8分の1球。球は面積一定の場合最も剛い構造体と言われています。)としました。
それだけでなくエンボス加工を施し剛性を向上させました。(下図参照願います。)



球状の角部.JPG



●部品の軽量化 (例)潤滑剤入りキャスター


スーツケースには種々のキャスターなどの部品がついています。

キャスターについて言えば,キャスター軸部分にはHINOMOTO社製のグリースパックキャスターを
採用するとともに特殊樹脂製のホイールを採用し軽量化を図っています。
サプライアーと一体になった軽量化設計が進められたことが理解されます。
(下図参照願います。)



キャスター軽量化.JPG



このような三つの軽量化技術を組み合わせることにより,
約33%の軽量化という神の領域ともいわれる軽さを実現しました。

日本人はいろんな分野で軽量化技術を磨いています。
三菱はMRJの機体をとても軽くし多数のマスコミが報道しました。

報道はされないけれど,
これに負けずとも劣らないスーツケースの軽量化が実現したということです。
(下図はMRJスケッチ)



MRJ写真.png




ことの難易度からいえば、MRJを凌ぐものがあるのではないでしょうか。

また、利用者への肉体的な負担を和らげたことは高く評価されると思います。


今ご購入の方には、スーツケース重量計量器つきです。


計量器.JPG


これがあれば、オーバーチャージを未然に防げます。



⇓このスーツケースのご用命はコチラ⇓




⇓このスーツケース以外のご用命はコチラ⇓




nice!(0) 
共通テーマ:学問

サンコー大型スーツケースの安全安心機能が大人気の理由! [スーツケース]



スーツケースの安全安心について調べる場合,ハードとソフト両面について診る必要があります。


その昔はハード中心でよかったのでしょうが,
最近のようにテロも含めいろんな犯罪や事故が増加すると,
ソフト面の安全安心が特に求められます。
換言すればハード面の安全安心は当たり前のこととなっています。

このスーツケースには,二つの安全安心機能があります。


一つ目はTSAロックシステムです
これは世界を震撼させた9.11事件後,
米国運輸省運輸保安局(日本の国土交通省の一部機能をを担当)によって,
認可・容認されたロックで,
施錠したまま入国検査に出すことができる唯一のロックシステムです。


TASロックシステム.JPG


もちろん米国だけでなく全世界で使用可能です。
日本で初めてTASロックシステムを作った,
サンコー鞄の知識と経験と技術が生きています。


二つ目はOKOBANが標準装備されています。

スーツケースについているOKOBANのコード番号を
インターネットに登録しておくと,ロストパッケージになってしまった場合,
発見者がコードをもとに「拾った」ことを連絡してきてくれる,
トラベルセントリーの新システムです。
ロストパッケージの際に係員は,
OKOBANのコード番号を頼りに持ち主を探索します。


このシステムを使うと紛失物があなたのお手元に戻る確率が非常に高くなります。


表示OKOBANN.JPG


この二つ安全安心機能があることであなたの旅は,ぐっと安全で安心な旅に変わります。



⇓このスーツケースのご用命はコチラ⇓




⇓このスーツケース以外のご用命はコチラ⇓


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

日本製サンコーLサイズスーツケースがいまを時めく理由とは! [スーツケース]

スーツケースのポイントは軽くて丈夫ですが、この基礎となる軽量化技術が最も進んでいるのは日本です.


旅行が趣味でもギックリ腰が心配で躊躇しているご高齢の方必見です。

私の父がギックリ腰発症原因は,旅行道具のスーツケースのせいでした。

軽さの極みを行くサンコーLサイズスーツケースを使用していたら,
私の父は成田空港でギックリ腰にはならなかったと思います.


父は昨年定年退職し,いまは悠々?自適の生活を送っています.
来年は古希を迎えるので,「自分では働くだけ働いた」といっています.
彼の悩みは,仕事一途できたせいか趣味らしい趣味がないのです.
強いて挙げれば,旅行といいたいのですが,
ギックリ腰のトラウマがあるのでイマイチ乗り気でないようです.


というのは,現役時代海外での仕事が多かったせいもあり,
よく米国や欧州に無事に出かけていました.
無事にというのは,還暦を過ぎた翌年,
いつものように米国出張の帰り成田空港荷物引取り場で
スーツケースを引取りの際,腕を伸ばしスーツケースを取ろうとした際,
無理な力が腰にかかったのでしょう.


手荷物引取所.JPG


そのとき腰に違和感を覚えたそうです.
自宅までは何とか着いたものの,翌日からは寝返りも打てないいわゆるギックリ腰になってしまいしました.
そんなわけで会社に出られるようになるまで,10日ほど自宅での療養生活を余儀なくされました.


そんな背景があるために,それ以来スーツケースにはナーバスになってしまいました.
それ以後スーツケースにはお金を惜しまず,できるだけ軽いものを買っています.
その方がお土産の重量を増やしても良いことになりますからね.
ウイスキーなどの重量品は,免税効果があっても決して買ってきません.
また,スーツケースを引き取るときの姿勢の研究は玄人肌です・・・・・・.


その父親が久しぶりの母と一緒にハワイに行くことになり,
買ってきたのがサンコーのLサイズスーツケースです.

容量92リットルで重量わずか4.2kg.
びっくりするような軽さです.

確かにヨーロッパ製の有名なスーツケースがあるのですが,
あえて国産のスーツケースを買ってきたのは,
軽量化技術は日本の方が進んでいるからという信念によるものでした.


そういえば,先日試験飛行に成功した三菱のMRJは、
世界的に見ても燃費も抜群で評判がいいですね.

20160409  MRJ.png

これも根っこにあるのは三菱がゼロ戦以来蓄積した軽量化技術が、
再度開花したからという説があります.


日本国民のひとりとして,航空機もスーツケースも父から講釈を垂れるまでもなく,
日本の軽量化技術が世界をリードしていることを私は知っていますので
次の買い替え時にはSUNCOにしようかなと思っています.


親父の話も含め,すこしでもご参考になれば幸いです.



⇓このスーツケースのご用命はコチラ⇓




⇓このスーツケース以外のご用命はコチラ⇓


nice!(1) 
共通テーマ:学問
スーツケース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。