So-net無料ブログ作成

赤外線足首ウォーマー  妊婦    逆子 [ウエア]

赤外線足首ウォーマーをつけると、一番寒いいま、保温だけでなく疲れやむくみに多大な効果を発揮します   



赤外線足首ウォーマーは、
寒冷時に両足首に巻きつけるものです。
寒いときに足首に巻きつけると、



なぜ良いのでしょうか。
なぜ良いのか調べた結果を、簡単に紹介します。



そもそも足首の首(頚)の語源は「くびれ」から来ているといわれます。
人体で直接生命にも関わる重要な部位は形状的によく観察すると「くびれ」ています。
首、手首、足首、大腿骨頚部、上腕骨頚部、橈骨頚部などがこの例です。
何故くびれているのでしょうか?



生命にも関わる動脈や神経が外力に遭遇し損傷しないように「くびれ」ているのです。


くびれているということは、近隣部位が出っ張っていることになりますね。
人体の中で「足首」も例外ではなく、
重要な脛骨動脈は内果(内側の踝)、外果(内側の踝)によって守られています。



哺乳類である人間のカラダは、生きるのにベストな状態を保とうとする、
「恒常性維持機能」が働いています。
人間は体温についていえば、どんな状況でも体温を保とうとする
恒温動物ということですね。
そのため寒冷時は衣服などによる保温機能を求めます。


すると足首が出ている服装の場合身体が冷えた結果、血行が悪くなります。
血行悪化を防ぐために足首ウォーマーは、
体温を維持して身体を守るための反応を起こします。


特に妊婦さんは体を冷やさないようにと医者から忠告されますが、
妊娠への影響としていわれていることは、
冷えが逆子や切迫早産、弱い陣痛などを引き起こす可能性があることから来ています。



ここまで分かると、
これから迎える小寒・大寒へ対応するために寒さ対策が必要となります。


赤外線足首ウォーマーは東レが開発した最新鋭素材で、
防寒の足首対策として大変効果があるものと言われています。


防寒だけにとどまらず保温に優れており、
疲れ・むくみ対策に効果があることが確認されています。


⇓赤外線足首ウォーマーのお求めはコチラ⇓



nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。