So-net無料ブログ作成

西日  畳が焼ける  目も焼ける [自動車]


一戸建にせよマンションにせよ、
最近建築されるものは和室が少なくなりましたよね.

畳の生活がだんだん馴染めない日本人が増えてきたからでしょうか.

わたくしも洋間の方が正座しなくてもよいので好きです.

その昔、新築の家は畳の匂いが全体に漂っていたものでした.

ところが最近この光景を目にすることが少なくなりましたね.




畳は、最初こそ薄緑色ですが、
だんだんと薄黄色にそしてやがて黄色に変色しちゃいます.
この現象を日に焼けるというのだそうですね.
目もこれ着けないと焼けるのかしら?


南向きの和室と西向きの和室がある場合どちらが日に焼けやすいにでしょうか?
正解は西向きの部屋だそうです.
理由は、西天に傾いた太陽(西日)の方が、
奥まで差し込み照射時間が長いからと考えられています.



話が変わりますが、車の運転の場合も太陽が東天、南天、西天にある場合を、
比べたとき、西天が一番きついという人が多いようです.
つまり、西日が斜めからの照射から水平からの照射となり、
一番まぶしく、きついそうでしょうね.


太陽のまぶしさの度合いにより交通事故発生確率が高くなるとすれば、
西に向かっての運転中は一番注意しなければならないですね。



西日に向かって運転中、
ディ&ナイトバイザーの使用する場合は、目を保護したり見やすい角度に、
これを設定することが大事になるでしょうね.



もう一つは、ディ&ナイトバイザーについて、
耐候性が優れているものを選択することが重要でしょうね.


幸いに、このディ&ナイトバイザーはアクリル樹脂でできており、
耐候性が優れており変色しずらいとのことで安全だとおもいますよ.


少しでも参考になれば幸いです.

【ご注意】 類似品、粗悪品が出ておりますのでご注意ください。正規品はクリップ部分に特許番号がついていますので、ご確認お願いします。


⇓2個の御用命はコチラ⇓





⇓1個の御用命はコチラ⇓

nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。