So-net無料ブログ作成

神の領域の軽量化(ダイエット)に成功した大型スーツケースに人気沸騰の具体的理由とは! [スーツケース]

もしも,体重60kgの男性が約33%の減量に成功し40kgになったとしたら,
神の領域のダイエットだというでしょう。


このサンコーの技術者は軽量化技術を駆使し,
スーツケースで神の領域の減量に成功したのです。
なぜなら,同容量のスーツケースは6.2kgであるのに対し,
このスーツケースはわずか4.2kgしかないのです。
実に約33%の軽量化率です。


具体的のどうして成功したの。

大きくそのネタは3分類されます。


●マグネシウムフレームとポリカーボネイト樹脂との組み合わせ構造体


一つ目は,地球上で最高に軽くまた剛いといわれるマグネシウム金属をフレーム材(骨格材)に使い
,骨格をカバーする皮材として特殊ポリカーボネイト樹脂を使用したことでしょう。

軽量化の戦略を考えるに適切な材料選択をしたこと。



●球面構造体とエンボス加工構造体


それと同時に,平板になると構造体として剛性が減少するので,角部を球面体
(正確には8分の1球。球は面積一定の場合最も剛い構造体と言われています。)としました。
それだけでなくエンボス加工を施し剛性を向上させました。(下図参照願います。)



球状の角部.JPG



●部品の軽量化 (例)潤滑剤入りキャスター


スーツケースには種々のキャスターなどの部品がついています。

キャスターについて言えば,キャスター軸部分にはHINOMOTO社製のグリースパックキャスターを
採用するとともに特殊樹脂製のホイールを採用し軽量化を図っています。
サプライアーと一体になった軽量化設計が進められたことが理解されます。
(下図参照願います。)



キャスター軽量化.JPG



このような三つの軽量化技術を組み合わせることにより,
約33%の軽量化という神の領域ともいわれる軽さを実現しました。

日本人はいろんな分野で軽量化技術を磨いています。
三菱はMRJの機体をとても軽くし多数のマスコミが報道しました。

報道はされないけれど,
これに負けずとも劣らないスーツケースの軽量化が実現したということです。
(下図はMRJスケッチ)



MRJ写真.png




ことの難易度からいえば、MRJを凌ぐものがあるのではないでしょうか。

また、利用者への肉体的な負担を和らげたことは高く評価されると思います。


今ご購入の方には、スーツケース重量計量器つきです。


計量器.JPG


これがあれば、オーバーチャージを未然に防げます。



⇓このスーツケースのご用命はコチラ⇓




⇓このスーツケース以外のご用命はコチラ⇓




nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。