So-net無料ブログ作成

食物繊維効果と食物繊維多含有商品のまとめ  Ver 2! [食品]




これまで,食物繊維の「いろは」から,調べてみました。
その結果,1970年代の食物繊維の発見当初に比較し,現在では大幅に効果が拡大してきたことが判明しました。
つまり,当時は便秘などにしか期待されなかった食物繊維が,その後全貌がすこしずつ明らかになるにつれて,
いまでは糖尿病や大腸がんといった病気にまで効果があることが判明してきたのです。


厚生労働省が実施している「国民栄養調査」によると,日本人は食生活においては,
全般的に必要な栄養素を満たしているものの,食物繊維とカルシウムはマイナスの摂取状況と指摘しています。
これは,傾聴っすべき事項です。
特に食物繊維にいたっては1日摂取目安量の20~25gに対し,実際にに摂れている量は14.3gと,理想値から言えば半分ちょっと摂取しているに過ぎません。



厚生労働省の指摘を待つまでもなく,国民ひとりひとりの健康増進のために,食物繊維摂取量を高まればと考えています。


食物繊維の調査を終了するに当たり,【水溶性食物繊維】と【不溶性食物繊維】とに区分けし,食物繊維をたくさん含む食材と,これらの効果に就いて表にまとめました。



また,今回のヴァージョンアップでは,皆様からの要望により,食材とそれを含む商品について,主だった商品に対し,具体例を掲載しました。



ご参考になれば幸いです。


             表食物繊維の効果.JPG


【水溶性食物繊維】

1ダイエット寒天コーヒー



2とろろ昆布



3長崎産ひじき





【不溶性食物繊維】

1ごぼう茶



2北海道産玄米



3九州産煎り大豆



⇒メンズシェーバーはこちら















ジョイントガードソール!!  長距離歩行!!  疲労感少!!!



仕事柄,毎日歩く距離が結構な長距離になります。

ジョイントガードソールを付け始めてからは,靴を脱いだ後の疲労感が,とっても減りました。



そのワケを考えてみました・・・・・・,



ジョイントガードソールを付けると,履いてる靴と足が,
ピッタリと一体になった感じになります。

もっといえば,足と靴との区別がつきずらい感覚です。

そのため,かかとがブレずに,アーチ部分がピッタリ合い,
自然と安定した足の運びになります。

履いている靴が,足とぴったり合わずに少しでも「遊び」があると,
どうしても足が靴を引きずる形になり,
疲れが増大するのではないかと考えています。

どんなに注文仕様で精巧に作られた靴でも,100%ピッタリとはいきませんよね。

この欠点を解消するジョイントガードソールを発明した人に,感謝!

⇓どんな靴でもピッタリ合わせるジョイントガードソール⇓

⇒メンズシェーバーはこちら

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。